大阪市の男性重体の記事が「ミスリード」ってどういうこと?タイトルに悪意を感じると批判の声。

2021年12月2日に起きたひき逃げ事故のニュース。

記事のタイトルに「ミスリードでは?」と批判の声が相次いでいます。

なぜミスリードだと言われているのか内容を紹介します。

目次

大阪市の男性重体の記事が「ミスリード」ってどういうこと?

ミスリードの内容

見出し:「他の車もひいていて私も『いいかな』と」 相次ぎはねられ男性重体

本文:「周囲の車もひいていた。私も『いいかな』と思って逃げた」

ミスリードの部分:タクシーの運転手の証言内容。

見出しだと「人をひいたこと」に対して「私もいいかな」という証言に読める。

本当は「人を引いて逃げたこと」に対して「私もいいかな」という証言だった。

大阪市の男性重体の記事タイトルに悪意を感じると批判の声。

大阪市の男性重体の記事が「ミスリード」ってどういうこと?まとめ

まとめ

記事タイトルだと証言したタクシー運転手が「人をひいてもいいか」と言ってるように読める。

実際は「ひいた後に逃げてもいいかと思った。」と証言していた。

どのみちやってはいけないことだけど、ミスリードには悪意を感じると批判の声があがった。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる