THEMUSICDAYの音響が悪すぎる?!幕張メッセ会場の設備の構造のせい?理由を調査してみた。

  • URLをコピーしました!

2022年7月2日に幕張メッセで開催されたTHEMUSICDAY。

ネット上では「音が響いて聞きづらい」や「音響、大丈夫?」といった声が寄せられていました。

THEMUSICDAYの音響が悪すぎると言われるのはなぜなのか、理由を調査しました。

目次

THEMUSICDAYの音響が悪すぎるのは幕張メッセ会場の設備の構造のせい?

2022年7月2日に幕張メッセで開催されたTHEMUSICDAY。

ネットでは視聴者から「音響が悪い」という声が目立っていたので理由を調べてみました。

調べた結果、THEMUSICDAYの音響が悪すぎるのは幕張メッセ会場の設備の構造のせいかもしれないことがわかりました。

2022年7月2日のTHEMUSICDAYのは幕張メッセで開催されています。

幕張メッセは展示会場として建てられています。

コンサートホールと違って、幕張メッセには壁に音を吸収するような構造がなく反響がかなりひどいそうです。

会場もとても広いので、音が響きすぎてしまう問題も出てきてしまうようですね。

その代わり、広大なスペースにステージを自由に組めるので、多くのアーティストが順番で出演するTHEMUSICDAYには使いやすい会場でもあります。

THEMUSICDAYは生放送、生歌を売りにしている長時間の音楽特別番組です。

テレビ越しに聞くと、アーティストの楽曲によっては音の反響がかなり大きく感じる人もいるみたいですね。

THEMUSICDAYの音響のSNSの反応は?

THEMUSICDAYの音響が悪すぎる?!まとめ

THEMUSICDAYの音響が悪すぎると言われてしまうのはなぜなのでしょう。

ネットでは視聴者から「音響が悪い」という声が目立っていたので理由を調べてみました。

調べた結果、THEMUSICDAYの音響が悪すぎるのは幕張メッセ会場の設備の構造のせいかもしれないことがわかりました。

会場の幕張メッセには壁に音を吸収するような構造がなく反響がかなりひどいそうです。

会場もとても広いので、音が響きすぎてしまう問題も出てきてしまうようですね。

響きやすい会場で、いろんなアーティストが歌う中、音響を調整するのはとても大変なことなのかもしれませんね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる